〈trace of Journey〉 "Guitar&Vocal&Compose JUNJUN"


by twilightcafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ライブ決まりました。

アコースティックソロライブやることが決まりました。
6月27日(月)に代々木のアルティカというライブハウスで、21時くらいから歌います。
久しぶりですぁ。

ライブとしては5月11日のclove以来で、ソロでは何年か前にtwilight Cafeライブの日にケーイチが風邪で全く声が出なくなって一人でやった以来だから。

持ち時間30分をどう使うかは自由。
ライブのテーマは『東日本大震災復興支援』
だからね、ちょっと考えてしまう。
どんなライブをやればいいんだって。

でも、深く考えても答えなんて出ないから。今の俺が感じたままのライブをやろうかなと。

実際、喋りたいこともあるけど、そんなの聞いてもね。
俺のテーマはね『楽しんで帰ってもらうこと』
また来たいな、聞きたいなって思ってもらえたらいい。


まだDEEP BLUE Worksとして動かすには、俺自身が力不足なのと、単純に材料不足なので、今回はJUNJUNソロ名義でやります。

8月にはロゴとかもろもろ完成させたい。

んなわけで、これそうなら来てね!
[PR]
# by twilightcafe | 2011-06-24 10:55 | JunJun

もしかしたら

久しぶりです!
さて、もしかしたらなんだけど、今月末にソロライブがあるかも!
ということで、久々に日記をば。

今月、代々木のアルティカというところで、プラグインなしの完全アンプラグドライブが開催されるんだけど、何回かあるうちの一回にもしかしたら出るかもしれないのです。

このイベントは被災地復興支援が柱としてあって、その中で僕らができることをする、というスタンスですね。

まぁ俺が出てもいいのかなって正直申し訳ない感じがあります。最近、歌ってないしさ。逃げてるからね、俺は。

俺が目指す場所への道は今閉じてしまってる。いや、自分で閉ざしている。

待っていれば開くかなって思ってた。でもやっぱり開かなかった。
自分の目の前の扉は自分で開けないとやっぱり開かないんだ。

だから、ノブに手をかけようと思った。それが今回のライブをやろうと思ったきっかけ。

今俺は何もできないけど、ここから繋がる未来のどこかで、夢と希望で魅せることはできる。

止めていた足をまた動かさなくちゃ。
自分を裏切ることはできないから。

というわけで、ライブやることが決まったらまた詳細を載せます!

名義としてはJUNJUN ソロかな。
[PR]
# by twilightcafe | 2011-06-10 12:15 | JunJun

誕生日

母が生きていれば61歳の誕生日だ。
家にある母の簡単な供え段には、花と水、小さなメモ用紙に子供の張ったであろうシールと、相方の誕生日おめでとうの文字。

フッと立ち止まるたびに、母がいない現実に面と向かい、その度に少しショックを受ける。

そして大抵の場合はショックを受け止め現実にまた戻る。
だけど、あるとき、僕の中にあるビンがそれを受け切れなくなって溢れることがある。

そんなとき、気付いたら僕の目からは涙が溢れてくる。

涙にはストレス物質が含まれている。だから、泣くことは必要なこと。
涙か収まるころ、ビンの中もすっかり空になっているんだろう。
それまでと比べると気持ちは軽くなっている。

そして、涙を流してビンを空にするたび、次に満タンになる時期も毎回遅くなっている気がする。


現実として受け入れてるのか、忘れていっているのか…

でもね、僕は進まなくちゃいけないから。
同じ場所に留まっていることはダメなんだ。

時には帰ってきてもいい。
でも今いる場所があってこそ、帰ってきてもいいのであって。
それを忘れちゃいけない。

母さん、誕生日おめでとう!今日は帰っても一人だけど、だから祝い酒でも飲もうかな。
[PR]
# by twilightcafe | 2011-05-27 12:18 | JunJun

雪のち晴れ

いきなり快晴になったね…洗濯物干してくれば良かった…


昨晩は雪に降られながら帰ってきた。久しぶりの雪。
寒くて手がかじかみそうになる。
辺りを見回すと、暗がりの夜道でも、はっきりと地面に雪が積もっているのがわかる。
少しテンションがあがりつつ、家までの道程を歩く。
大粒の雪も時折降っていたから、翌朝には多少は積もっているだろうとも思ったが、
起きたときには見事に雪など影も形もなくなっていた………。


と、まぁそんな感じで、やっぱり雪降るとみんなテンションがあがるらしい。
昨晩の帰りの電車でも雪に反応している人がいかに多かったか(笑)
ブログとかニュースとかでも取り上げられるしね。
まぁそんだけ特別感があるんだろうな。


俺は寒いの苦手なんだけど、雪は好きなんだよね。
日本でも冬しか見られないし、近年はヒートアイランド現象とかもあり、滅多に出会えない天候だからな。
降ってきたときは必ず、雪だるまできるくらい積もってほしいと思う。
でも、そんなこともここ数年なくなっちゃった。
少し降ってすぐ雨に変わるんだ。


雪が降る街はいつもより決まって静かになる。
まるで雪に全てが吸い込まれてしまったかのように。
[PR]
# by twilightcafe | 2011-02-09 12:13 | JunJun

最近の

ギター事情についてちょっと、記録として残しておこうかな。
風邪も99%完治したからまた毎日練習できてる。
でもね、なかなか思い通りに弾くって難しいね。
指は去年、本格的に練習し始めた頃に比べて格段に動くようになったけどさ。


野球でいう素振りみたいな基礎練習がギターにもあって。
それを運指練習っていうんだけどね。
今はもっぱら運指をやってる。そればっかりやってもあんまり良くないんだよな。
音楽的じゃないからね。


音楽ってさ、フレーズを曲の中で生かすから素晴らしいわけで、
ただ運指練習だけ上手くできても、良いギタリストにはなれない。
素振りだけやっていても、実際に球を打たなきゃ、偉大なバッターにはなれないのと一緒だね。


そんなわけで、曲を練習しなければ!
ってことで、深夜に譜面と戦ってるわけです。
でね、タブ譜って楽譜を読めないギタリスト用の簡単な譜面があるんだけど、
最近、それのせいでギタリストが混乱させられているって気付いた。
実際に譜面どおりに弾いてみると、弾きにくいことこの上ない。
本当はそんな非効率な弾き方しないよね、っていう運指が指定してあって、
これじゃ弾けない、って諦めるギタリストもいたんではないかと。
実際俺がそうだったんだけど。
それが去年練習をしていて、フト気付いたんだよね。
絶対にそのギタリストならこうは弾かない、って。


あくまで耳を頼りに弾く方が、ギタリストとしてもミュージシャンとしても良いんだなって、改めて思いました。
まぁ、でも一曲をコピーするのに時間かかるんだよね。
何回も聴き直すからさ。
その分耳も鍛えられるけど。


今日も帰ったら練習しよーっと。
[PR]
# by twilightcafe | 2011-02-08 11:49 | JunJun